タイ語で 何も~ない、誰も~いない、なんでもない はどう言う?

タイ語で「何も~ない」や「なんでもないよ」、「誰も~しないです」などの、英語で言う「nothing」「nobody」はどういうのでしょうか。

質問の仕方や応用、会話例も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

タイ語で「何も~ない」はどう言う?

タイ語で「何も~ない」は

ไม่~อะไร
mâi ~ arai

ちょっとこれだけでは分かりにくいので、例文をあげますね。

タイ語の「何も無い」は?

まず、シンプルな「何も無い」から見てみましょう。

何も無い
ไม่มีอะไร
mâi mii arai
*มี(mii) ある/持っている

これは便利な表現で、マイミーアライを訳すとそのまま「何も無い」になります。

鞄の中には何もない
ไม่มีอะไรในกระเป๋า
mâi mii arai nai krapǎo
家には何もない
ไม่มีอะไรที่บ้าน
mâi mii arai thîi bâan

また、マイミーアライの後に動詞を付けて

ไม่มีอะไรกิน
mâi mii arai kin
何も食べる物が無い
ไม่มีอะไรทำ
mâi mii arai tham
何もやることが無い

と言う言い方ができます。

または疑問形で

มีอะไรกินไหม
mii arai kin mǎi
何か食べる物ある
มีอะไรทำไหม
mii arai tham mǎi
何かやることある

または単純に、

มีอะไรไหม
mii arai mǎi
何かある?(何か問題ある?どうかした?)

と聞かれて

ไม่มีอะไร
mâi mii arai
何も無いよ/なんでもないよ

と言う答え方もできます。

ねーねー、聞いて聞いてー!実はね、、

どうしたの?

あ!何もない何もないっไม่มีอะไร マイミーアライッ!

、、と言う使い方もできるよ。

タイ語の「何も~ない」は?

では、続いて、「何も食べていない」「何もしていない」「何も見えない」などの「何も~ない」です。

「何も~ない」は

何も~無い
ไม่~อะไร
mâi ~ arai

と、ไม่ + 動詞 + อะไร の並び順になります。

スポンサーリンク

例えば、

ไม่กินอะไร
mâi kin arai
何も食べてない
ไม่เห็นอะไร
mâi hǎn arai
何も見えない
เห็น(hěn)見える
ไม่ทำอะไร
mâi tham arai
何もしていない

となります。

最後に เลย(ləəi)を付けて、ไม่เห็นอะไรเลย(mâi hǎn arai ləəi)と言うことも多いよ。

マイヘンアライルーイ「全然、なーんにも見えないよー」っていう感じだね!

逆に、これらを質問するときは、

กินอะไรไหม
kin arai mǎi
何か食べてる?/食べる?
เห็นอะไรไหม
kin arai mǎi
何か見える?
ทำอะไรไหม
kin arai mǎi
何かしてる?/する?
となります。

タイ語の「誰も~ない」の言い方

先ほどは、อะไร アライを使って「何も~ない」でしたが、「誰」ใคร(khrai)でも同じように言うことができます。

ไม่มีใคร~
mâi mii khrai~
誰も~ない

となります。

マイミークライ~(動詞)、と、同じく มี(mii)を使った表現ですね。

ไม่มีใครอยู่
mâi mii khrai yùu
誰もいない
ไม่มีใครกิน
mâi mii khrai kin
誰も食べない
ไม่มีใครทำ
mâi mii khrai tham
誰もしない

となります。

なので、これに対する質問の仕方は、

มีใครอยู่ไหม
mii khrai yùu mǎi
誰かいる?
มีใครกินไหม
mii khrai kin mǎi
誰か食べる?(誰か食べる人いる?)
มีใครทำไหม
mii khrai tham mǎi
誰かする?(誰かする人いる?)
となります。

タイ語で 何も~ない 誰も~ない の言い方と質問の仕方

こうやって見ると日本語って「誰か~する」が「誰も~ない」に変わってややこしいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました