タイ語の疑問詞5W1H いつどこで誰が何を、なぜどのように?

タイ語の疑問詞5W1H、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように、どうした、それぞれの言い方と例です。

スポンサーリンク

>>タイ語の文法 基本の順番と例文 主語や動詞はどう並べる?

タイ語の疑問詞5W1H

タイ語の疑問詞も5W1H、When「いつ」、Where「どこで/どこに」、Who「誰が/誰に/誰を」、What「何を」、Why「なぜ/どうして」、How「どのように/どうやって」があります。

順番に見ていきましょう。

タイ語の「いつ」

タイ語の「いつ」は เมื่อไหร่(mʉ̂arài)(ムアライ)を使います。

ไปเมื่อไหร่(pai mʉ̂arài)で「いつ行くの?」となります。

実際の会話では、過去と未来を区別する単語が適当に省略されてしまいますが、確実に過去か未来かを言いたい時は、จะ(jà)と แล้ว(lɛ́ɛo)を上手に使うといいですね。

จะไปเมื่อไหร่(jà pai mʉ̂arài)
เมื่อไหร่จะไป(mʉ̂arài jà pai)

どちらも同じ「いつ行くの?」ですが、言い方によって微妙に印象が変わってくる言い方です。

色んなパターンの「いつ」の会話例、ムアライ以外の「いつ」など詳しくまとめました。

タイ語の「どこで」「どこに」

「どこ」「どこに」「どこで」と場所を聞くための疑問詞「どこ」、

これは、ที่ไหน(thîi nǎi)(ティーナイ)を使います。

タイ人が挨拶代わりによく聞く「パイナイ?」は実はこの「どこ」 ที่ไหน(thîi nǎi)から来てるんですね。

ที่ไหน(thîi nǎi)を使った質問の仕方や答え方、会話例を集めました。

タイ語の「誰が」「誰に」「誰を」

続いて「誰」は、ใคร(khrai)(クライ)です。

「近い」ใกล้(klâi)と「遠い」ไกล(klan)とカタカナで書くと同じ「クライ」ですが、発音や声調が違います。

「誰が」「誰に」「誰を」はどれも同じ ใคร(khrai)をそのまま使いますが、文章に入れる場所が違ってきます。

ใครมาหา(khrai maa hǎa)
誰が会いに来るの/来たの?
มาหาใคร(maa hǎa khrai)
誰に会いに来たの?

は文章の並びが変わっただけですが、意味が違いますね。

タイ語の「何」「何を」

タイ語の「何」「何を」は อะไร(arai)(アライ) 。

「あなたの名前は何ですか?」は

คุณชื่ออะไร(khun chʉ̂ʉ arai)

と聞きます。

個人がやってるような小さいお店や屋台に行くと「เอาอะไร(ao arai)」と聞かれることがありますが、

これは「何が欲しい?」つまり「何を買いに来たの?」「何をお求めですか?」ということですね。

他にも、聞き返す時の「アライナ?」や、怒りを表す「アライ」、クイズやなぞなぞで使う「~は何でしょう」など、色んな使い方ができます。

タイ語の「なぜ」「どうして」

タイ語の「なぜ」「どうして」は ทำไม(tham mai)(タムマイ)です。

日本人には「タンマイ」や「タンマエ」と聞こえるかも知れません。

単純に「なぜ?」と聞く場合は ทำไม(tham mai)ですが、

「どうして○○したの?」とちょっと責める時の言い方や、「どうしたの?」と聞きたい時、

またはちょっと遠まわしに「OK」と言う意味になる言い回しなど、色んな使い方があります。

タイ語の「どのように」「どうやって」

タイ語の「どのように~する/した」「どうやって~する/した」は、อย่างไร(yàaŋrai)。

親しい間柄での日常会話では ยังไง(yaŋ ŋai)と言うことも多いです。

「どうやって行くの?」「どうやって食べるの?」「どうやって買うの?」と聞く時もこの อย่างไร(yàaŋrai)を使います。

また、「どうやって~したらいい?」と言う時は「良い」と言う意味の ดี(dii)を付けて~ อย่างไรดี(yaŋ ŋai dii)となります。

状況に応じた質問方法や使い方を覚えましょう。

いくらですか?と値段を聞くには?

5W1Hには入っていませんが、値段を聞く「いくらですか?」、年齢や数を聞く「いくつですか?」は、เท่าไหร่(thâorài)を使います。

買い物での値段の聞き方、年齢の聞き方など会話例も合わせてどうぞ。

タイ語の疑問詞5W1H まとめ

タイ語の5W1H、これが言えないことには聞きたいことも聞けないですからね。

最初は疑問詞だけでも言えるようになって、ゆくゆく文章にできるといいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました