タイ語の読み方 母音と発音 タイ語の基礎から始めよう3

子音の次は母音です。

母音も、日本語には無い発音が多く、なかなか難しいです。

ただ、ここで違いを分かっていないと後々大変なことになるので、間違えないようにしていきたいですね。

タイ語の基礎を一から見るにはこちら▼

スポンサーリンク

タイ語の母音について

タイ語の母音(สระ)の数はなんと32個!あります。

その中で、発音は大きく分けて9つ。
母音に使われる字も数はそんなに多くなく、今ざっと数えてみたら14個ありました。

これらの組み合わせで32個ということですね。

タイ語の母音の位置

タイ語の母音の位置は、英語のように必ずしも子音+母音の順番に並んでいるわけではなく、右隣、左隣、上、下、時には左右、左隣と上、など複数付くこともあります。

タイ語の母音と声調の位置

上の図の、青い部分が子音、黄色の部分が母音ですね。

タイ語の基本母音と発音一覧表

タイ語の母音を、私が一番分かりやすいと思った順番で並べてみました。

まずは基本的な母音から。には子音、には末子音が入ります。

タイ語の母音一覧表

ここまでは基本的な母音です。
左の短母音とは短く切る母音、右側の長母音とは長く伸ばす母音です。

子音+末子音で短母音の o になります。 見える母音はありません。

更に分かりやすく、良く使う母音に子音の一番最初の字であるを入れて書いてみます。
※発音記号は声調を無視しています。

短母音 長母音
กะkaกา kaaアー
กิkiกีkiiイー
กึkʉกืkʉʉウー*1口を軽く横に広げてウ。日本語の口語のウ
กุkuกูkuuウー*2口笛を吹くようも口をすぼめてウ
ハッキリと発音するウ
เกkeeエー*3普通にエー
แกkɛɛエー*4アとエの間。アエと同時に出すように
โกkooオー*5口をすぼめてハッキリ発音するオ
กอkɔɔオー*6アとオの間。
เก-kəเกอkəə*7ウとアの間。英語のerに近い発音

*2、ʉ は、ɯ と表記されることもありますが、このブログでは ʉ と表記します。
*4、ɛ は、æ と表記されることもありますが、このブログでは ɛ と表記します。

スポンサーリンク

分かりやすいようにあえてカタカナ表記を入れてみました。
カタカナ表記だと、発音の違いが表現できないこともご理解頂けたかと思います。

タイ語の基本母音の発音を動画で学ぼう

タイ語の上記母音の発音を学ぶには、こちらの動画が分かりやすいです。
音声だけでなく、口の動き、喉のどのあたりから声を出すかがとてもよく分かります。

Thai Vowels – Ultimate Thai Pronunciation Guide

タイ語の二重母音と余剰母音一覧

上記の基本的な母音だけでなく、母音は他にもあります。
二重母音または複合母音などと呼ばれているものと、余剰母音と呼ばれているもの。

※日本語での名称は色々あるようなので、他に良い呼び方があれば教えて下さい。

タイ語の二重母音と余剰母音

同じく青い□には子音が入ります。
これらは結構な頻度で使うので、全部覚えてしまった方がいいでしょう。

これらの母音は、後に出てくる声調ルールが適用されるのは「長母音」になります。

では、子音に(k)を入れて見てみましょう。※声調は無視しています。

เกียkiaไกkai
เกือkʉaใกkai
กัว/กว-kuaเกาkao
กำ kam
เกย kəəy

このようになります。

*8 (ไม้มลาย)と(ไม้ม้วน)は同じ発音ですが、 を使う単語は20個だけです。
>>マイマライとマイムアンไใ2つのaiの違いと単語の覚え方

タイ語の読み方 母音と発音 まとめ

子音と母音を覚えたら、次は声調に入るところですが、
その前に、次のページで一度練習をしてみましょう。

>>タイ語の読み方 子音と母音の組み合わせ タイ語の基礎4

タイ語の読み方の基礎はこちらから▼

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました