タイ語の読み方 子音と発音 タイ語の基礎から始めよう2

タイ語の子音を覚えましょう。

タイ語の子音をには、大事なポイントがいくつかあるので、後から覚えなおさなくていいように、ここでしっかり覚えておきましょう。

タイ語の基礎はこちらから▼

スポンサーリンク

タイ語の読み方 子音について

タイ語の子音(พยัญชนะ)の数は全部で44字。
現在は廃止された字が2つあるので実質42字です。

タイ語のアルファベットのことは、子音の一番最初の文字 から、กอ ไก่ (kɔɔ kài ゴーガイ)と呼ばれます。

各文字を覚える時は、子音の後に ( ɔɔ )を付けて、その後にその字を使った単語を言います。

例えば、ก ไก่(kɔɔ kài)は「鶏のK」、 ข ไข่(kɔ̌ɔ kài)は「卵のKh」と言った感じですね。

日本語で言えば、「雨の”あ”」「家の”い”」、
英語で言えば、Franceの”F” 、Londonの”L” 、という感じでしょうか。

ただ、タイ語のコーガイの場合は、それぞれの子音を言う時の単語(鶏、卵など)は決まっています。

タイ語の子音表

タイ語の子音表を見ると、このように文字と一緒に絵や写真が大きく書かれています。

タイ人の子供たちはこういうタイ語表を見て、絵と字をセットで覚えるんですね。

タイ語の読み方 子音の種類

前置きが長くなりましたが、子音は表にある一般的な順番に覚えていくのですが、とても似ている文字が多いです。

や、     など、同じように見えて違います。
拡大すると、

ช ซ      ผ ฝ ฟ ฟ

慣れるまでは混乱するかと思いますが、よーく見て覚えていきましょう。

タイ語の子音のグループ

実はタイ語の子音には3つのグループがあります。

これは、後から覚える声調記号と大きく関わってくるので、外国人がタイ語を読む上で必ず覚えなければいけない必須事項なのですが、

なぜかは今聞いても分からないと思うので、とりあえず3つのグループがあるということだけ覚えておいて下さい。

タイ語の子音一覧表

タイ語の子音を一覧にしました。

ここでは触れませんが、声調で重要となる子音のグループを「 (高子音) 」「 (中子音) 」「 (低子音) 」で色分けしています。


使
子音発音単語読み方単語の意味末子音
*kไก่kài-k
*khไข่khài-k
(廃)khขวดkhuat-k
*khควายkhwaai水牛-k
(廃) khคน khon-k
khระฆังrakhaŋ-k
*ŋงูŋuu ŋ
*jจานjaanお皿-t
:chฉิ่งchìŋチン※1 
*chช้างcháaŋ-t
:sโซ่sôo-t
chกะเฌอ ※2kachəə樹木 
*yหญิงyĭŋ-n
:dชฎาchadaa-t
:tปฏักpatak槍のような棒-t
:thฐานthǎan台座-t
thมณโฑmonthooモントー夫人-t
thผู้เฒ่าphûuthàoおじいさん-t
:nเณรnen子供の僧-n
*dเด็กdek子供-t
*tเต่าtao-t
*thถุงthǔŋ-t
*thทหารthahǎan兵士-t
*thธงthoŋ-t
*nหนูnǔuねずみ-n
*bใบไม้baimái葉っぱ-p
*pปลาplaa-p
*phผึ้งphʉ̂ŋ 
*fฝาfǎaふた 
*phพานphaanお供え台 ※3-p
*fฟันfan-p
:phสำเภาsamphaoジャンク船-p
*mม้าmaa-m
*yยักษ์yák鬼、夜叉-y
*rเรือrʉa-n
*Lลิงlíŋ-n
*wแหวนwɛ̌ɛn指輪-w
:sศาลาsǎalaa東屋-t
:sฤาษีrʉʉsĭi仙人、修行者-t
*sเสือsʉ̌aトラ-t
*hหีบhìip箱(ふたつきの箱) 
Lจุฬาjulaa-n
*ɔอ่างàaŋタライ、洗面器 
:hนกฮูกnókhûukフクロウ 

使用頻度が高い順に「*」「:」「(記号無し)」を付けています。
※1 小さいシンバルのようなタイの伝統楽器
※2 เฌอ(chəə)と言うことも。
※3 お供えなどに使うお盆のような物

スポンサーリンク

タイ語の子音の発音

タイ語の子音には、日本語には無い発音があって、さらに、違う字だけど同じ発音という字もあります。

例えば はどちらも(kh)の発音です。
はどちらも(th)の発音です。

え?同じ発音ならどっち使ってもいいの?

というわけではなく、単語によって使う子音が決まっています。

こういうのがあるので、タイ語が読めるようになるのはすぐにできても、正しく書くには単語ごとにスペルを覚える必要があります。

タイ語の子音の発音を動画と音声で見てみよう

子音のタイ文字と正しい発音を覚えるには、こちらの動画がとても分かりやすいです。

01 พยัญชนะไทย 44 ตัว

タイ語の子音の有気音と無気音

タイ語の子音には、有気音と無気音があります。

有気音とは、発音するときに口から息が漏れるように出す音です。
無気音とは、有気音とは逆に、口から空気が漏れない発音です。

※上の表で、kh、ch、th、phと記載しているものは有気音なので、タイ文字と比べながら先ほどの動画で聞き比べてみるといいですね。

例えば ก  ข はどちらもkの発音ですが、 は無気音(k)、 は有気音(kh)です。
ต ท ธ はどれもtの発音ですが、 は無気音(t)、 は有気音(th)となります。

最初は注意深く聞かないと分からないかと思いますが、タイ人の発音をよく聞いていると分かってくるかと思います。
ちょっと汚いですが、痰を出すときに「カーッペッ」とやるしぐさの「カーッ」は有気音です。

一番分かりやすいのは、女性が語尾に付ける ค่ะ khà ではないでしょうか。
良く聞くと、しっかり息が出ています。

タイ語の末子音とは

上の表の右の方に、「末子音」の列があります。

末子音(ตัวสะกด)とは、この子音が単語の最後に来た時の発音です。
例えば、

จมู jamùuk(鼻)
t(車)
กระดา kradàat(紙)

の、赤字の部分が末子音ですね。
殆どは普通の発音と同じか似たような発音ですが、違うことも多いです。

食事という単語の อาหาร は、最後はで終わってますが、この単語の読み方は aahǎan で、最後はnの発音になります。

末子音について詳しくはこちら
>>タイ語の読み方 末子音について タイ語の基礎から始めよう5

タイ語の読み方 子音と発音 まとめ

見て書いてを繰り返していくと、徐々にタイ文字に親しみがわいてきます。

子音を覚えたら次は母音ですね。
タイ語の基礎講座はこちらから▼

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました