タイ語の長い単語をイニシャルで省略する方法と読み方

タイ語は子音と母音、声調からなる言語ですが、タイ語にもイニシャルで単語を表す方法があります。

英語のようにイニシャルだけとって省略することができるんです。

スポンサーリンク

タイ語のイニシャルとは?

イニシャルとは、頭文字。

タイ語で言うところの頭文字は、頭子音となります。

例えば、「学校」という意味の โรงเรียน(rooŋ rian)場合、

ง เียนร.ร.
と各音節の頭子音を取って ร.ร.となります。
รร.と書くこともあります。

同じように、「病院」という意味の โรงพยาบาล(rooŋ phayaabaan)は

ยาบาล ⇒ รพ.

となります。

子音の後に .(ピリオド)を置くので、何かの単語の省略と分かりやすいですね。

タイ語のイニシャル略語の読み方は?

頭子音で略したタイ語は、子音の呼び方と同じように (ɔɔ)を付けて読みます。
声調は各子音の声調ルールに従います。

タイ語のイニシャル省略例 仏歴と西暦

タイ語でイニシャル省略する単語の1つ、年を表す単語。

タイは仏歴を使用しますが、仏歴は พุทธศักราช なので、略して พ.ศ. と記載され、読む時は พอ ศอ(phɔɔ sɔ̌ɔ)となります。
ちなみに西暦は คริสต์ศักราช ค.ศ.(khɔ̌ɔ sɔ̌ɔ)です。

タイ語のイニシャル省略例 月の名前

タイの月名もよく略されます。
月名の場合、読む時は普通に正式名で読み上げますが、日付を記載するときに

1月=ม.ก.มกราคม)や4月= ม.ค.มีนาคม)と略して書くことが多いです。

タイ語のイニシャル省略例 時間

タイ語で時間を書くとき、11 น. と書くことがあります。

これは、11 โมง(mooŋ) の ではなく、าฬิกา(naa li kaa) を意味する です。

口語では 11 โมง と言うことも多いですが、ニュースや文書では 11 นาฬิกา を使うことが多いです。

นาฬิกา を使う場合は24時間制で、分は นาที(naathii) を使います。

เวลา 14 น. 40 น.

と記載されていれば、14 นาฬิกา 40 นาที と読み、14時40分(午後2時40分)のこととなります。

นาฬิกา は「時計」という意味。

タイ語のイニシャル省略例 単位

長さや量の単位、私たちもセンチメートルは cm キログラムは kg のように略して使いますよね。

それを、タイ語ではタイ文字で書くんです。

cm(センチメートル)ซม.
mm(ミリメートル) มม.
km(キロメートル)กม.
g(グラム)ก.
kg(キログラム)กก.
ml(ミリリットル)มล.
l(リットル)ล.
もともとは英語で表記されたものをタイ語に直して、それをイニシャルにする、または英語のイニシャルをタイ文字のイニシャルに当てはめるって面白いですね。

タイ語のイニシャル省略例 大学

大学を意味する มหาวิทยาลัย は略して ม. と書くので、大学名の前に付けて มอ(mɔɔ)~と呼びます。

スポンサーリンク

タイの名門チュラロンコン大学は正式名が มหาวิทยาลัยมหาจุฬาลงกรณราชวิทยาลัย で、มจร と略されているね!

ちなみに小学1年は ประถม 1(prathǒm)を略して ป.1(poo 1)、中学1年生は มัธยม 1(mátthayom) を略して ม.1(moo 1) となります。

タイ語のイニシャル省略例 書類番号

役場や学校関連の公的書類や証明書も、各書類ごとに番号が振られていることが多いです。

例えば日本だと「住民票転出届」や「印鑑登録証明書交付申請書」などと名前が付いていますね。

タイの場合ももちろん名称はありますが、各書類の右上に番号が振られています。

先日、「ทะเบียนสมรส(thabian somrót)結婚証明書」を市役所に発効してもらいに行ったのですが、書類右上に「คร.2」と記されています。

タイの結婚証明書
คอ รอ สอง(khɔɔ rɔɔ sɔ̌ɔŋ)と呼びます。

必要書類の名称だけでは似てるものと間違えるかも知れませんが「คร.2」などと番号で指定されると分かりやすくていいですね。

ทะเบียนสมรส(thabian somrót)結婚証明書
ทะเบียน(thabian)登録/登記する
สมรส(somrót) 結婚、婚姻

タイ語のイニシャル省略例 その他

他にも、会社名や役職名を略すこともあります。

また、タイでは外国人の私たちがお世話になる入国管理局は ตรวจคนเข้าเมือง 略して ต.ม.ですが、
各子音に を付けて、ตอมอ(tɔɔmɔɔ)と呼びます。

タイ語のイニシャルトークをしてみよう!

子供たちの遊びで、イニシャルトークというのが流行ったことがあります。

(イニシャルトークとは私が勝手に命名しただけなので、他に呼び方があるのかどうかは分かりません。)

どういう遊びかというと、

「今日のお昼ご飯は何?」という質問に、
ก.ข.หว.(kɔɔ.khɔ̌ɔ.wɔ̌ɔ)」とか「ข.ผ.(khɔ̌ɔ.phɔ̌ɔ)」とイニシャルで答えるんです。

※答えは、ก.ข.หว.งเียวหวานข.ผ.้าวัด です。

または、「ย.ก.บ.(yɔɔ.kɔɔ.bɔɔ)」「ห.ล.(hɔ̌ɔ.lɔɔ)」と言ってみたり。

※答えは「ากลับ้าน」「ิวแ้ว

それを当てるというゲームですね。

タイ語の子音の発音と声調は必須な上、想像力も知識も必要なので、タイ語の勉強にもいいかも知れません。

英語のイニシャルもタイ語に?

先ほどの単位、英語のアルファベットをタイ語の子音に変えたり、逆にタイ語の子音を英文字で省略系にしたり、ということもあるんです。

例えば、タイ国営の石油会社 PTT はタイ語に直して ปตท.(pɔɔ tɔɔ thɔɔ)と呼びます。

ただしこれは、ปิโตรเลียมแห่งประเทศไทย を略して ปตท それを社名で英文字の PTT にした(もともとタイ語の略だった)のか、Petroleum Authority of Thailand をPTTにして、そこからタイ語読みになったのかは分かりません。

逆に、入国管理局の書類は TM. と書かれていますが、これは英単語の略ではなく、ตรวจคนเข้าเมือง 略して ต.ม. を t.m. と英文字に変換したものです。

タイ語の長い単語をイニシャルで省略する方法と読み方

略語を覚えると新聞なども読みやすくなってきて楽しいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました