タイ語の声調1 トーンの種類と声調記号を覚えよう

タイ語の読み方で最も難解なのが声調。

まずは、声調の種類と声調記号の名前を覚えていきましょう。

タイ語の読み方が分からない方、発音が曖昧な方はこちらを先にどうぞ。

>>タイ語の読み方と発音 タイ語の基礎から覚えよう

スポンサーリンク

タイ語の声調の種類と呼び方

声調のルールを理解する前に、声調の種類と呼び方を覚えておきましょう。

声調とは

声調とは、意味の区別をするために単語の音に高低を付けること。その高低のパターン。英語ではトーン(tone)と言います。

日本語には声調はありませんが、実際は同音異義語のように声調の違う単語がありますよね。

例えば「銭湯」と「先頭」、「柿」と「牡蠣」と「下記」、「自信」と「自信」など、音は同じですが高低の付け方が違います。

この高低パターンが「声調」です。

タイ語の声調の種類

タイ語の声調( วรรณยุกต์ )は5つあります。

タイ語の声調1 発音の種類と声調記号

分かりやすいように上の図に番号を振りました。

タイ語の呼び方読み方英語
⓪平声 aa上下なく真っ直ぐ平たくเสียงสามัญsǐaŋ sǎamanmid tone
①低声 àa低い位置で声を出すเสียงเอกsǐaŋ èeklow tone
②下声 âa上から下げるเสียงโทsǐaŋ thoofallilng tone
③高声 áa高い位置で声を出すเสียงตรีsǐaŋ triihigh tone
④上声 ǎa下から上に上げるเสียงจัตวาsǐaŋ jàtawaarising tone

日本のタイ語教材を見ていると色んな呼び方があるようですが、第一声、第一声調などという呼び方もあるようですね。

数字での呼び方の場合は、上の表の①②③④の番号通り、第一声調、第二声調、第三声調、第四声調、となります。

動画で見るタイ語の5つの声調

やはり発音や声調は動画や音声で覚えるのが一番。
こちらの動画が分かりやすかったので貼り付けておきますね。

5 tones in Thai – Basic Thai Speaking 1 – Learn Thai by NATTO

タイ語の声調記号と名称

声調の種類が分かったところで、いよいよ声調記号についてです。

タイ語の声調記号は4つ+声調記号無し、の5つで分けられます。

声調記号と呼び方はこの表の通り。

タイ語の声調記号一覧
声調記号の ๊  は母音の ็ と間違えやすいので注意して下さい。

これらを、子音に付けて発音してみましょう。
上述の、タイ語の声調の5つの種類と合わせて覚えていきます。

スポンサーリンク

タイ語の子音の一番最初のと長母音のを組み合わせたกา(kaa)に声調を付けた場合、

声調記号記号の名称กา声調声調の呼び方
  なしกาkaa⓪平声 เสียงสามัญ(sǐaŋ sǎaman)
   ่ไม้เอก(máai èek)ก่าkàa①低声เสียงเอก(sǐaŋ èek)
   ้ไม้โท(máai thoo)ก้าkâa②下声เสียงโท(sǐaŋ thoo)
  ไม้ตรี(máai trii)ก๊าkáa③上声เสียงตรี(sǐaŋ trii)
   ๋ไม้จัตวา(máai jàtawaa)ก๋าkǎa④高声เสียงจัตวา( sǐaŋjàtawaa)

となります。

声調記号の

่ ไม้เอก(máai èek)、้ ไม้โท(máai thoo)、็ ไม้ตรี(máai trii)、๋ ไม้จัตวา (máai jàtawaa)

が、そのまま声調の

เสียงเอก(sǐaŋ èek)、เสียงโท(sǐaŋ thoo)、เสียงตรี(sǐaŋ trii)、เสียงจัตวา(sǐaŋ jàtawaa)

となっているのが分かりますね。

これらを見た上で、もう1度先ほどの動画を見てみると、理解が深まるかと思います。

タイ語の声調のルール

先ほど、タイ語の子音のを見本に使用して声調の説明をしました。

これでタイ語の声調はマスターできましたね!

というわけではなく。

残念ながら、このルールが適用できるのは、一部の子音のみです。

実は子音によって、同じ声調記号でも声調が違うんです。

ちょっと文章だけでは意味が分からないと思いますが、まとめて覚えると混乱するので、まずは1つずつ見ていきましょう。

最初の子音グループは「中子音」から。
>>タイ語の声調2 中子音の声調ルール 母音と末子音の組み合わせ

タイ語の声調1 発音の種類と声調記号 まとめ

まずは声調の入り口、声調の種類と呼び方をご紹介しました。

ここで、声調記号と声調の種類をしっかり覚えてから次に進むと、分かりやすいかと思います。

声調についての目次はこちらから▼

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました