子音รが付く単語の読み方4つの特別パターン 単語例と声調

二重子音について2パターンご紹介しました。

>>タイ語の二重子音の発音と声調ルール 例えばどんな単語がある?
>>もう1つの二重子音 母音を発音する子音の並びと声調ルール

でも実は、まだまだ子音が重なる特別パターンがあるんですね。

今回は、子音รが付く単語の読み方4つの特別パターンです。

スポンサーリンク

子音にรが付いて発音が変わるケース

末子音ではない、頭子音が2つ続くと読み方が変わる特別ケースがあります。

その中でも、子音に が付いた時の特別ケースが4つあります。

รออ เรือ(rɔɔ rʉa)舟の と呼ばれる子音ですね。

子音ทรが続く単語の読み方

子音が2つ続く単語、まずは のケース。

ทร + 母音(s)の発音になります。

例えば、

ทราย

「砂」という意味ですが、 ทร になるので

าย(saai)

と読みます。

は低子音のグループなので、声調も低子音になります。
他にも次のような単語があります。

ทรายsaai
ทราบsâap知っている
ทรง  soŋ型・スタイル
ทรัพย์  sáp富・財産

では、問題です。
次の単語は何と読むでしょうか。

โทร

先ほどのルールを当てはめると ทร になって、โซ(soo) になるかと思います。

が、違います。

この単語は、โท(thoo)と読みます。

もともとこの単語は、「電話」という意味の โทรศัพท์ を略した単語なのですが、ทร と続いているのではなく、 โท + ร で、 は発音しない子音になるんですね。

なのでこのケースは thoo となります。

と理屈で覚えるよりも、もう単語ごと覚えていく方が良いかと思います。

子音にรが付くけど無視するケース

続いては、子音にが付くけど完全に無視するケースです。

子音สศจ+รの読み方

を無視するのは次の3つのケース。

+ร+母音
+ร+母音
+ร+母音

例えば、สร้อย(sâaŋ)、จริง(jiŋ)など。

この場合の は発音しません。完全無視します。
なので声調も無視して、1字目の子音の声調ルールです。

必要無いのに入ってるという謎ルールなんですが、これも単語ごと覚えるしかありません。

スポンサーリンク
の音は完全に無視しますが、母音は に付いてくるので書く時は要注意です。

จ+ร+母音

まずは จ+ร+母音 の単語を挙げてみます。
声調は の中子音のルールです。

単語発音意味
จริงjiŋ本当

จ+ร の組み合わせは恐らくこの単語1つしか無いと思います。
(あれば教えて頂けると嬉しいです!)

ส+ร+母音

続いて ส+ร+母音 の単語を挙げてみます。
声調は の高子音のルールです。

単語発音意味
สร้อยsɔ̂ɔiネックレス
เสร็จsèt完了する
สร้างsâaŋ建設する
สระ *1プール/池
เสริมsə̌əm強化する/後援する
*1 สระ
・スイミングプール สระว่ายน้ำ wâaináam)
・溜池 สระน้ำ áam)
・髪を洗う สระผม phǒm)
など、どれも sà と読みますが、
「母音」を意味する สระ は全く同じスペルで sàrà と読みます。
短母音 สระสั้นsàrà sân)
長母音 สระยาวsàrà yaao)

では、次の2つの単語は県名ですが、どう読むでしょう。

สระบุรี
สระแก้ว

どちらも สระ から始まる単語です。
答えは、

สระบุรี sàràbùrii
สระแก้ว  kɛ̂ɛw

と、違う読み方になります。
これも、単語ごとに覚えていくしかありません。

ศ+ร+母音

最後に ศ+ร+母音 の単語です。
声調は の高子音のルールです。

単語発音意味
เศร้าsâao悲しむ
ศรัทธาsàtthaa信仰する/信用する
ศรีสะเกษ *2sĭisàkèetシーサケット(県)
เศรษฐกิจsèetakìt経済
เศรษฐีsěetthĭi富豪

*2 ศรี は、「栄光」「名誉」と言った意味があるので、地名やお寺名などにもよく使われるので、覚えておくといいですよ。

子音รが付く単語の読み方4つの特別パターン まとめ

今回もなかなか謎なルールだったかと思いますが、これも覚えていくしかありません。

そして、なんと が絡んだ特別ルールは他にもあるので、1つずつ片付けていきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました