読み方の例外ルール

タイ語の読み方 特別ルールとスペルの例外単語を集めました

タイ語の読み方、文字のスペルは、基本ルールが複雑なだけでなく、特別ルールや例外が多く存在します。今回は、基本の読み方と声調をマスターした人向けの、特別ルールをまとめてご紹介します。
読み方の例外ルール

もう1つの二重子音2 母音を発音する子音の並びと声調ルール

頭子音が2つ並ぶと、間に母音 ะ を入れて発音するケースがありました。 そして実は、 ะ 以外の母音が入ることもあるんです。
読み方の例外ルール

末子音รが付く特別ルール 母音が変化するパターンの単語例

末子音รが付く特別ルール、今度は母音が変化するパターンの単語例です。
読み方の例外ルール

タイ語の読み方 รรと続いた単語の特別ルール 声調と単語例

タイ語の子音รが他の子音とくっついた時の特別ルールを紹介しました。そして次は子音+รรと、2つ続いた時の特別ルールです。
読み方の例外ルール

子音รが付く単語の読み方4つの特別パターン 単語例と声調

二重子音について2パターンご紹介しました。 >>タイ語の二重子音の発音と声調ルール 例えばどんな単語がある? >>もう1つの二重子音 母音を発音する子音の並びと声調ルール でも実は、まだまだ子音が重なる特別パターンがあるんですね。 今回は、子音รが付く単語の読み方4つの特別パターンです。
読み方の例外ルール

もう1つの二重子音 母音を発音する子音の並びと声調ルール

二重子音とは ปลา や ครู のように頭子音が2つ続くことでした。 実はそれとは別に、子音が2つ続くルールがあります。 読み方も声調ルールも二重子音とはまた違うので、混乱しないように見ていきましょう。
読み方の例外ルール

タイ語の二重子音の発音と声調ルール 例えばどんな単語がある?

タイ語の単語は子音+母音+声調で成り立っていますが、時に、最初の子音が2つ重なっていることがあります。今回はそんな二重子音について説明したいと思います。 二重子音はたくさんあるので、まずこの基本の二重子音のルールを覚えていないと後から混乱してきます。
タイ語の声調

タイ語の読み方 声調記号と声調ルールを覚えよう 徹底解説版

タイ語の子音と母音を覚えたら、最も曲者だけど重要な声調に進みます。タイ語の声調ルールは少し複雑な上に例外も多いので、1つの段階だけで終わらず、最後まで進めて下さい。
タイ語の声調

タイ語の声調6 低子音を中子音にするอを使った単語とは

タイ語の声調の例外ルール、低子音を中子音にするอを使った単語があります。 これはもう決まった単語なので、そのまま覚えるといいですね。
タイ語の声調

タイ語の声調5 低子音を高子音の声調ルールにするホーナーム

ここまでで、タイ語の3つの子音グループ、中子音/高子音/低子音のルールをやりました。 でも、実はまだあるんです。 その1つが、低子音を高子音の声調ルールに変える方法です。 他の声調ルールを覚えていないた全く意味が分からないと思うので、まずはこちらから順番にどうぞ。
タイトルとURLをコピーしました